Direct Lions 金賞【COME BACK FERRORAMA】

2011.07.28

Cannes Lions

いやー、これはおもしろいです。

ブラジルの玩具メーカー「Estrela社」さんのSNSキャンペーン。

1980年頃に製造された鉄道模型「Ferrorama」は、

当時、子供たちに人気だったそうですが、

残念ながら数年後に製造中止に。

2010年に「Estrela社」の社長が、

すっかり大人になった当時のファンに向けて、

ブラジルのSNS「Orkut」で、あるメッセージを発信。


そのメッセージとは、、、

「ファンで協力して、Ferroramaをレールを途切れさせずに、

ノンストップで20キロ走行させたら再生産します。

ファンのみんな、熱意を見せてくれ!」 というもの。

しかも、そのノンストップで20キロ走行を実施する場所は、

ブラジルではなく、なんとスペインの北西部の巡礼路「St.James」

レールはファンの私物、手作業でつないで、運転は止めてはダメ。

しかも5日以内で。

完全に無茶です。

しかし、7人の熱烈なファンが、なんとなんとやっちゃいました。

実際にレールをつないでいく様子は、SNSを通じて中継され、

応援メッセージはリアルタイムで現地で7人に伝えられました。

スタートから5日後、見事ゴールまで完走し、

社長の公約とおり「Ferrorama」は再生産が決定。

発売前に予約が殺到し、

発売後1カ月で初期生産分を完売というセールス結果に。

近年SNSを活用したキャンペーンは多いですが、

「参加型」で、どんどんオーデェンスを巻きこんでいく、

というプランがうまくはまった好例でしょうか(仕込み?)。

どちらにしても、これだけ盛り上がれば

「Estrela社」としてはOKなはず。


【COME BACK FERRORAMA】
110728



Advertiser/Client:ESTRELA TOYS
Product/Service:FERRORAMA TOY TRAIN
DM/Advertising Agency:DDB BRASIL São Paulo, BRAZI